NIKKEY STYLE【5】(2/2)                          髪は染めたほうがモテる? 染める理由、染めない理由

2017/02/03
2017年1月5日をもって私は白髪染めをやめた。

「えらいたいそうな言い方をするなあ」とあきれる方もいらっしゃるだろうが、私に限らず、白髪染めに一度手を出した人が「やめよう」と決断するのはなかなか難しい。

http://style.nikkei.com/career/DF180320167076
「会見観察人! 梶原しげる参上!!」再スタート

2017/01/30
少しの間、お休みをしていましたブログ「会見観察人 梶原しげる参上!」が
再スタートしました。今後も注目の会見を梶原が観察していきます。
今回は「狩野英孝 記者会見」を徹底観察。
是非、ご覧ください!

http://ameblo.jp/kajiwara-kaiken/
NIKKEY STYLE【4】(1/26)                          相手の話を聞かず、ひたすらしゃべり倒す人の心理

2017/01/26
「サラリーマンの給料の4割は聞くことで得ている」――。私が8年ほど前、某研究者の言葉として目にしたものだが、「スマホでメール」の現在でも「聞くことの大切さ」が減ったとは思えない。
《続きはコチラ》⇒http://style.nikkei.com/career/DF180320167076
毎日新聞 2017年1月13日 論点「ら」抜き言葉

2017/01/20
その場に応じ うまく使う

 「ら抜き言葉」という表現を最初に世に出したのは、毎日新聞だと言われている。1981(昭和56)年1月13日朝刊の投書欄に、読者のこんな投書が載っている。
 「このごろ聞き慣れたとはいえ気になるのが、テレビや日常会話での『見れる』『食べれる』などの『ら』ぬき言葉である」
 もちろんそれ以前にも、研究者の間で「ら抜き」は認識されていた。「特に可能の表現において『ら』が抜かれる現象が増えている」と。いかにも学者的な表現だが、この「ら抜き」という命名が素晴らしく、やがて一般に広く認識されるようになった。
 90年には国語学者の野田尚史さんが「25年後には『見られる』が老人語になる」と予想した。74年(同49年)年の国立国語研究所調査で、当時の10〜20代の若者の6割以上がら抜き言葉を話すというデータがあった。この若者たちが中高年になれば、「ら」を入れて話すのは高齢者だけになる、と考えだのだ。
 だが、25年後の2015年、「見られる」は老人語になってはいない。私の国語の「師匠」であるNHK放送文化研究所の塩田雄大さんによれば、若い頃にら抜き言葉を話しても、社会に出て「ちゃんとした言葉を話せ」と圧力がかかり、話す言葉が保守化したのではないか、ということだ。とはいえ、15年度の調査でら抜き言葉が多数派になったということは、予想の一部は当たったと言えるかもしれない。
 ら抜き言葉は誤用といえば誤用だ。新語に強いと定評のある「三省堂国語辞典」でも、ら抜き言葉は俗語扱いである。だが、ここまで来ればもう「今後一切使うな」とはいかない。ら抜き言葉には、動詞の可能と尊敬を区別するには合理的な面もあるし、「ら」を落としたからといって、意味が誤解される可能性はほとんどない。日本語がその方向にかじを切ったのは、悪いことではないと思う。
 ただ、言葉は場を選ぶ。公式晩餐会で「今日はこちらに来れてうれしく思いました」と言うのはどうだろうか。面接試験やお茶の会など公的な場面では、ら抜き言葉は控えた方がいいだろう。
 逆に「絶対に『ら』を入れる」と気負い過ぎても、かえって場から浮いてしまう場合もある。そんな時はさりげなくら抜き言葉を使うのも、世の中を生きていく上でのたしなみかと言えるだろう。上手に生きるためには、場面と立場と役割を心得る必要がある。
 ら抜き言葉問題は、その主たる話し手が若い未熟な世代だった時代に、大人が「ら抜きを話す人は子供っぽくて教養が低い」と優越感を抱くための指標として使われてきたように思う。
 だが、95年に国語審議会が「ら抜き言葉は改まった場では使うべきではない」との報告をまとめてからわずか20年で、多数派と少数派は逆転した。ら抜き言葉はもはや、教養や知性を表す絶対的な尺度ではなくなり「その場に応じてうまく言葉を使えるかどうか」という限定的な指標になりつつある。「できればら抜き言葉は使わない方が……」と思う立場としては、そこは少しだけ残念だ。
NIKKEY STYLE【3】(1/19)                          SMAP最後の「ありがとう」は、なぜ心に響いたのか?

2017/01/19
夜遅めに帰宅すると妻が涙ぐんでいた。テレビでは「SMAP×SMAP」最終回のエンドロールが流れている。「私の青春だった……」って、年齢的にも嘘でしょ? そんな突っ込みを入れると、妻の機嫌を損ね面倒なことになるから、そのまましばらく黙って見ていた。
《続きはコチラ》⇒http://style.nikkei.com/career/DF180320167076
NIKKEY STYLE【2】(1/12)                          6・8・9は疲労、老化の目印? 40代の賢いあがき方

2017/01/12
40歳代に入ると、ふとした折に「なんだかこれまでと違うなあ」と感じることがある。「そりゃ年(とし)だもの」と「老い」を素直に受け入れる人ばかりではない。「まだまだ若い! 加齢なんぞに負けてなるもんか!」前向きにチャレンジする人がいる。
《続きはコチラ》⇒http://style.nikkei.com/career/DF180320167076
NIKKEY STYLE【1】(1/5)                          知識ゼロから天然氷職人に 破産経験者、再起の道方

2017/01/12
高橋さんの前職はIT(情報技術)人材を養成する学校経営者。バブル全盛の1980年代後半。「これからはITしかない!」と、知識ゼロからパソコンを独学で習得、卒業と同時に起業した。事業は右肩上げりで成長を続け、「ITの若い長者の一人」として「栄華」を誇っていた、のだが…。
《続きはコチラ》⇒http://style.nikkei.com/career/DF180320167076

日経BizCOLLEGE【第424回】(12/22)                       【最終回】”奇跡”をものにする、山岳カメラマンの「運のつかみ方」

2016/12/22
エベレストやマッキンリーのみならず、様々な山に登り、自然の素晴らしさをスチールで、ビデオで撮り続け、今大注目の平賀淳さん。何も起こらない、一見無駄とも思える待ち続ける時間が「奇跡の瞬間を迎えるまでに必要で大事なプロセス」だという。そんな彼に奇跡をものにする「運のつかみ方」を聞いた。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第423回】(12/15)                       人を不愉快にすることに生きがいを感じる面倒くさい「彼」

2016/12/15
ある勉強会で知り合った仲間との忘年会が10年ほど続いている。年齢は20代から60代まで、職業もバラバラで互いに利害関係ゼロだからお互いに言いたい放題が実に心地よい。本年は気がつけば「厄介で面倒くさい人たち」の話題で大いに盛り上がった。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第422回】(12/8)                       いつ電話するからあらかじめメールで連絡…面倒くさい時代だな

2016/12/10
私にとってケータイの「通話し放題プラン」は欠かせない。これが無くなっては、商売あがったりである。しかし、最近は通話よりもメールなどの文字情報によるコミュニケーションが主流だ。「スマホ」の「ホ」は「フォン(電話)」なのだが、そんな認識は今の若い人にはないのだろう。通話が大好きな私には、面倒な時代になったものである……。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第421回】(12/1)                       27年前の初対面、娘が白血病を患ったある家族との交流

2016/12/03
27年前、娘が白血病を患った北海道に住むある家族にラジオで取材した。その母親とは直接会って話したわけではないので、声だけのイメージしかない。ただ、ずっとあの家族は、そして当事者である娘さんは今、どうしているのか気になっていた。それが、期せずしてテレビ番組で会えることに! さて、どのように反応したものか……。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第420回】(11/24)                       余市、前橋、熊谷の読み方は? 発音は「地元アクセント」でいいじゃない!

2016/11/28
「余市」「前橋」「熊谷」……これらの地名を発音する時、あなたのアクセントはどこにありますか?恐らく大半の方は、全国共通の標準的な読み方になるでしょう。しかし、たとえプロのアナウンサーであっても、地元重視の「アクセント」で話してもいいのではないでしょうか。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第419回】(11/17)                       ジャパネットたかたでしゃべりの腕を上げた、元テレビ局アナウンサーの”完コピ”術

2016/11/18
ジャパネットたかたで、メキメキ頭角を現し評判になっている馬場雄二さん。実はテレビ局のアナウンサーからの転職である。3年ぶりに彼と会ったのだが、そのしゃべりのテクニックがあまりに上達していたので、最初はテレビ局時代の「あの馬場さん」とは気付かなかった。なぜこれほどの短期間で、腕を上げたのか。その理由とノウハウに迫った。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第418回】(11/10)                       都知事人気は「小池の名前にあり」の心理学的信憑性

2016/11/10
小池百合子都知事の人気は、実は「小池」という名前に秘密があった。いきなり胡散臭い?インチキ?−−−いえいえ、そういうわけでもないのだ。モチベーション心理学で注目される理論をご紹介しておこう。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第417回】(11/2)                       スマホ全盛の今、固定電話のスキルは不要か?

2016/11/04
自宅の固定電話の地位は、かつては断然、高いものだった。固定だけの時代には、電話での会話に”スキル”が求められた。逆に言えば、電話するたびにコミュニケーションスキルがいやでも磨かれたのだ。翻ってスマホやケータイ全盛の今日、こうした能力の衰退にやや不安を抱いているのだが……。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第416回】(10/27)                       客を増やすコンビニ店長、その接客術の極意とは

2016/10/29 
スピードと合理性が命のコンビニエンスストア。しかし、意外にも「接客の対人スキル」が極めて重要なのだという。ある繁盛店のコンビニ店長に話を聞くと、ITやAIの進化ではカバーしきれない、人間が持つ「伝統的な技」の大切さが見えてきた。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第415回】(10/20)                       ら抜き言葉、慣用句の誤用…国語調査の核心は”鉄板ネタ”にあらず?

2016/10/25
毎年恒例、文化庁が発表する「国語に関する世論調査」。今年も新聞各社は例年のごとく朝刊で一斉に報じた。主要6紙を読み比べつつ「過去から現在に至る調査結果を仔細に分析」したら、「意外な、ちょっと嬉しい事実」が判明した!
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
「会話のしくじり」東洋経済オンラインにて配信中!!

2016/10/17
SB新書の新刊「会話のしくじり」好評につき、東洋経済オンラインで配信されることになりました。
http://toyokeizai.net/articles/-/140479
日経BizCOLLEGE【第414回】(10/13)                       「野球」に例えて物事を伝えるオヤジ世代に見る”会話の距離感”

2016/10/13
写真家の宮嶋茂樹さんが福山雅治さんと競演している映画「SCOOP!」を観た。その面白さもさることながら、映画で二階堂ふみさんが発する「ダサい昭和の匂いがするオヤジ」を印象づけるセリフに引きつけられた。そう、オヤジは気持ちや物事を伝えるのに、とかく「野球」を使うのだ。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
日経BizCOLLEGE【第413回】(10/6)                        豊洲市場にもう一つの「盛り土」問題、あなたは「もりど」と言えた?

2016/10/13
そろそろ気になる今年の「流行語大賞」。”言葉フェチ”である私は「盛り土」に一票。念のために言っておくが「もりど」だ。思い出してほしい。以前あなたは「もりつち」と言ってなかったか?この発音が小泉元首相を巻き込んだ、ちょっとした問題に……。
《続きはコチラ》⇒ http://j.mp/d2X1TR
前ページTOPページ次ページ